一日でも早く赤ちゃんが授かりますように

0322) 女性不妊の検査

女性不妊の検査

[1]血液検査

[2]子宮卵管造影検査

[3]フーナーテスト

の3つが大きな検査です。

血液検査では大脳下垂体や卵巣のホルモン検査を含みますが、 血液検査結果と自分自身のおりものの状態、 乳房や下腹部の緊張感などが一致するか、基礎体温もチェックし、データーと比較して体の感覚を実感することも大切です。

[1]血液検査

① ホルモン検査
大脳下垂体から、卵巣機能の調整を司るホルモンとしてFSH(卵胞刺激ホルモン) LH(黄体化ホルモン)、PRL(プロラクチン)、甲状腺機能を調整するTSH(甲状腺刺激ホルモン)が分泌されます。卵子の成熟にともない、卵胞のサイズが増大すると、排卵を促す黄体ホルモン(LH)が分泌されます。

卵子の成熟に伴い、卵胞機能(卵巣内で卵子とその周囲の細胞が発育し形成している袋状の球体)のサイズが増大すると、卵子の成熟と排卵を促す黄体ホルモン(LH)が分泌されます。LHは尿に排泄され、自分で検査が可能ですので、排卵時期の推定に有用です。(いわゆる排卵チェッカーとして市販されています。)

卵巣からは、卵胞発育にともない卵胞ホルモン(エストロゲン)排卵後には黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、受精卵の着床と妊娠維持を助けます。

月経不順や無排卵などの原因となる多囊胞卵巣(PCO)と判断される方は、テストステロン(男性ホルモン)の検査も行います。

甲状腺ホルモンは、体全体のバランスを一定に維持し、妊娠、胎児発育、出産等に重要な役割を担います。

 クラミジア抗体
おもに性行為で感染しますが、自覚症状がないことも多く、卵管や卵巣周囲の癒着の原因となり、卵子の質も低下します。

③ 抗核抗体、抗サイログロブリン抗体などの自己抗体陽性の場合、流産、不育との関連も疑われます。
抗サイログロブリン抗体甲状腺の自己抗体TSH等のホルモン検査で異常がなくても、甲状腺機能に異常のある場合がありますので、抗核抗体陽性の場合と同様に、さらに詳しい検査が必要です。

④ 抗ミューラー管ホルモン(AMH)
卵巣内の発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。排卵予定の卵子が入っている前胞状卵胞数に比例した値となるので、発育予定の卵胞数という意味での卵巣の予備能力を示す指標となりますが、卵子の質を表現するものではありません。年齢とともに低下しますが、個人差が大きく、AMHが低いからといって、妊娠出来ないということではありません。月経の周期にかかわらず、測定が可能です。 ①の項のFSHが上昇してくる場合は、卵巣の機能がすでに低下してきていることを意味していますが、AMHが低下してくる場合は、今後卵巣機能の低下してくることが推測されますので、治療は早くのステップアップが望まれます。

⑤抗精子抗体
身体の中で精子が卵子と受精するのを妨げる抗体:抗精子抗体ができてしまうことがあります。
女性だけでなく、男子自身も自分の精子に対して抗精子抗体を産生することがあり、自然妊娠は難しくなります。男女とも、3%程度の確率で陽性です。
フーナーテストで繰り返し運動精子が認められない場合は、検査する必要があります。

⑥子宮内膜症のスクリーニング検査として、CA125およびCA19-9もチェックします。

⑦貧血、肝機能、高脂血症、糖尿病などの検査は、
健康なお母さんが、元気なお子様をご出産いただくために必要な検査です。

⑧B型、C型肝炎、梅毒などの感染症等の検査も必要です。
風疹および麻疹抗体の検査もおすすめします 。

⑨超音波検査
卵巣の機能を検査する方法として、超音波検査は、卵胞(卵巣内で卵子とその周囲の細胞が発育し形成している袋状の球体) の大きさを簡単に計測することができ、その大きさと発育速度は卵巣機能を十分反映するので、 血液検査で異常がなければ、 卵巣機能の検査として、尿中LH値の測定と超音波検査が広く行われています。 超音波検査では、卵胞以外にも子宮内膜の発育も測定し、子宮の機能検査としてもなくてはならない検査法です。 さらに、子宮の大きさや形の異常の有無、卵巣腫瘍などの検索も行います。

 

[2]子宮卵管造影検査
子宮頚管から子宮内腔へ造影剤を注入し、子宮の形や卵管の通過性、されに骨盤腔内の
癒着の有無を調べるレントゲン検査です。
卵管が少し通りにくい場合には、検査で卵管の通過性が改善され、妊娠率の向上も期待できるので、
検査と治療を兼ねることになります。
造影剤(ヨード剤)は水溶性(イソビスト)と油性(リビオドール)の薬剤ありますが、油性造影剤は、名が得れば1年以上、骨盤腔に残存しますので、甲状腺機能に問題のある場合は、注意して検査する必要があります。当院では、水溶性造影剤のみを最小量で検査を行っております。

 

[3]フーナーテスト
排卵期には、子宮頚管粘液は増加し粘度は低下して、子宮内への精子の進入が容易と なるような仕組みとなっています。
夫の精液所見が良くても、精子が妻の子宮内へ到達出来なければ妊娠できないので、 フーナーテストが良好であることも重要です。
子宮頸管粘液の良い条件で検査し、結果が良くない場合は、数回検査を行い、やはり不良で有れば、 精液検査を行います。
精液検査に問題がなく、フーナーテストが不良の場合は、抗精子抗体の検査が必要です。
検査の結果により、子宮・卵巣・卵管等の器官に疾患が見つかり、それらの治療が必要と判断された場合には、本格的な治療に先立ち、疾患の治療を行います。

[1][2][3]の検査を踏まえ、以下の検査も必要な場合があります。

[4]子宮鏡検査
超音波検査や子宮卵管造影検査で子宮腔内に凹凸不整が認められたり、ポリープや子宮筋腫が疑われる場合は、子宮内を内視鏡(子宮鏡)で観察します。

外来で検査でき、麻酔も必要ありません。

[5]ERA. EMMA. ALICE

ERA 
受精卵が子宮内膜に着床する時期は、受精後、おおむね120時間後胚盤胞というに発育した段階で着床しますが、この時期は個人差があり、体外受精、顕微受精・胚移植で良好受精卵を複数回移植しても妊娠されない場合、子宮内膜の最適な着床時期を検査する方法です。

胚盤胞をERAで判定された時間に胚移植することにより、着床率は高くなります。

EMMA
子宮内の病原菌、常在菌を調べ、着床、妊娠に大切な乳酸菌の割合を調べます。
乳酸菌の割合が低い場合は、子宮内の乳酸菌を増やし、胚移植します。

ALICE
子宮内の慢性子宮内膜炎に関与していると思われる菌の有無と割合を調べます。
慢性子宮内膜炎と判断される場合は、抗生剤を服用後、胚移植します。

 

🔴 女性不妊の特徴

🔴 女性不妊の検査

🔴 女性不妊の原因

🔴 女性不妊の治療

⇒メール相談

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6696-0201

2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

診察カレンダー固定

PAGETOP
Copyright © ようこそ岡本クリニックのページへ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.