一日でも早く赤ちゃんが授かりますように

費用について

不妊治療には保険が適用されるものと、適用されないものがあります。
一定の回数を超えると保険適用されなくなるものもありますので、あらかじめご了承下さい。
また、同じ月に同じ検査を受けられた場合、二回目以降が減額となる検査もあります。

一般不妊治療は、保険診察です。
検査費用
○子宮卵管造影検査(水溶性造影剤使用)
約5,000円
○子宮頸がん検査
1,730円
○フーナーテスト(超音波検査を含む)
2,870円
○血液検査(貧血・肝機能、ホルモン値など)
約3,000円
○超音波検査(初回)
1,590円
○精液検査(初回)
310円
※これらのコストに初診時には初診料:850円、
再診時には再診料:380円が加算されます。
以下の治療は、保険が適用されません (税別)
検査費用
○血液検査(自己免疫、感染症、凝固系など)
約20,000円
○抗ミューラー管ホルモン
6,000円
○風疹抗体
2,000円
○アクロビーズテスト(精子受精能検査)
15,000円
人工授精
○人工授精(AIH)
20,000円

高度医療技術料
○体外受精・胚移植の費用
222,000円~
○顕微授精・胚移植の費用
272,000円~
↑体外受精・顕微授精は、採れた卵子の数によって料金が変わります。
また、上記費用には、採卵日までの再診料、内服薬・注射薬・ホルモン検査・超音波検査は含まれておりません。
※施行回数により減額させていただきます。
○胚盤胞培養(加算)
30,000円
○レーザーアシステッドハッチング(加算)
30,000円
○2段階胚移植(加算)
50,000円
○凍結胚移植
90,000円
凍結費
○胚凍結 ※1
凍結保存料
50,000円
10,000円/凍結保存から3ヶ月間 ※2
○精子凍結
凍結保存料
30,000円
7,500円/凍結保存から3ヶ月間 ※2
○精巣精子凍結
凍結保存料(6ヶ月)
80,000円
15,000円/6ヶ月間
※1胚の保存容器1個につき5,000円必要です。
※2 凍結保存4ヶ月目から6ヶ月ごとのご請求となります。
その他
○精巣内精子採取術
100,000円
○膀胱内精子回収術
30,000円
※ 技術内容等により金額は変動する場合がございます。
不明な点などあれば、お問合せ下さい。
※ 自費診療費には別途消費税が加算されます。
→不妊カウンセリング


特定不妊治療費助成事業指定医療機関

岡本クリニックは、特定不妊医療費助成事業の指定医療機関です。

例えば、大阪市に住所を有している法律上の婚姻をしているご夫婦が、
特定不妊治療(体外受精と顕微授精)を受けられた場合、
一定の要件を満たせば、助成が受けられます。

詳細は下記ホームページを御参照下さい。

大阪府:特定不妊治療費助成事業のページ

大阪市:大阪市のホームページ(不妊治療費助成事業のページ)

堺市:堺市の特定不妊治療費助成事業

東大阪市:東大阪市のHP(特定不妊治療費助成事業のページ)

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6696-0201

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

診察カレンダー固定

PAGETOP
Copyright © ようこそ岡本クリニックのページへ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.